【里芋のピリ辛炒め】

里芋は他の芋に比べてカリウムが豊富で
独特のぬめりの中にはムチンという物質を含み
アンチエイジングにはもってこいの根菜です。
薬膳でも肝臓や腎臓を補い、老化防止の食材として食べられています。
煮物にしたり、炒め煮にしたり、田楽や和え物など
里芋ならではの味わいを楽しみましょう。


材料(作りやすい分量)

里芋 一袋

豚肉 200g

鷹の爪 1/2本

ゴマ油 大さじ1

水   大さじ2
塩   適量


合わせ調味料(酒・しょう油・みりん 各大さじ2)


作り方

①里芋は皮をむいて一口大に切り

 ゴマ油を熱したフライパンで弱火で炒めて塩を振り

 水を加えてフタをして少し硬めの蒸し煮にする

②豚肉と鷹の爪を加えて中火でよく炒め合わせ

 合わせ調味料を回し入れて汁気がなくなるまで

 煮絡める

③器に盛り付け、お好みの野菜を彩に添える

母ちゃん流ワンポイント

大き目の八つ頭などはデコボコして皮をむくのが大変ですが

皮ごと茹でてから、切って味付けすると美味しい煮物が出来ます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*