【さつま芋のグラッセ】

畑も冬野菜から春野菜へと変わっていく季節です。
いろいろと環境も変化していく時期に、おやつにはさつま芋がおすすめです。
さつま芋は、食物繊維が豊富でお通じを整え、抗酸化作用のあるビタミンCも含んでいるほか、薬膳的にも滋養強壮作用のある平性の食材として、気疲れや食欲不振、虚弱体質を改善してくれる働きがあります。
毎日のおやつには焼き芋はもちろんのこと、大学芋にしたり、スイートポテトにしたり、蒸しパンに入れたり、干し芋にしたり、いろいろ楽しめるさつま芋ですが、とっても簡単で食べだしたら止まらなくなる美味しさの、さつま芋のグラッセをご紹介しますね。




材料(作りやすい分量)

さつま芋 1本
バター 大さじ1(12g)
砂糖 小さじ2


作り方

①さつま芋は、ところどころ皮をむき、1cmぐらいの輪切りにして鍋に入れ、ひたひたの水を注いで火にかけ、少し硬めに茹で上げる
②フライパンにバターを溶かし、茹でたさつま芋を中火で両面焼いて、砂糖をパラパラとかけて溶かすようにゆすって仕上げる


母ちゃん流ワンポイント

さつま芋は、少し焦げ目が付くぐらいじっくり焼くと甘みがさらに増しますよ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*