【和風カレー丼】

辛みが少なく、皮がやわらかでみずみずしいのが特徴の新玉ねぎ。

薄切りにして水にさらし、カツオ節と醤油など、お好みのタレで持ち味を生かした食べ方がおすすめ。

黄たまねぎは、カレーやシチューなどの煮込み料理や、ハンバーグ、炒め物、揚げ物、薬味など色々使えます。

玉ねぎの成分硫化アリルは、お肉などに含まれるビタミンB1と結びついて吸収を助け、強壮食として疲れた時のスタミナ源になります。

夏のスタミナ和風カレー丼、作ってみてね♪

 

材料(2人分)

玉ねぎ 1個

豚挽き肉 150g

ニンニク 1片

みりん 大さじ1

しょう油 大さじ1

塩 ひとつまみ

 

カツオ節 1パック(3g)

ショウガ 1片

ご飯 茶碗2杯分

 

(合わせ調味料)

カレー粉 小さじ2

片栗粉 大さじ1/2

水 大さじ3

 

作り方

①玉ねぎは薄切り、ニンニク・ショウガはすり下ろす

②フライパンに豚挽き肉、ニンニク、みりん、しょう油、塩を入れて混ぜながら火にかけそぼろにする

③玉ねぎの薄切り、合わせ調味料を加えて炒め合わせ、仕上げにカツオ節を振る

④どんぶりにご飯を盛って、上からあんをかけ、下ろしショウガを乗せる

 

 

母ちゃん流ワンポイント

好みでウスターソースをかけたりして、元気モリモリ丼のできあがり!

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*