木の里農園の歩み


photo by Ataca Maki

1997年 12月の暮れに布施大樹が研修先の栃木県から、先輩が独立記念に譲ってくれた1.5トントラックに荷物を山積みにして、茨城県北端の久慈郡里美村にたどり着き、木の里農園は産声をあげる。

DSCF9842

1998年 ハウス・倉庫・自宅・農地50aすべて借り物、奨学金も含めて借金300万円でスタート。近所のばあちゃん達に珍しがられ、お茶のみに誘われまくる日々。秋に少し増やして面積は70a。

1999年 母死去。9/30(金)出荷日にJCO臨界事故。こういう時こそ頑張らねばと、外出禁止の町を強引に配達し、出てきてもらえなかったことも。
      
2000年 祖母死去。美木と結婚。式では村の先輩が手作りで盛大に祝ってくれた。しかし借家の問題で隣の集落へ転居。4年間に及ぶ通い農業生活のスタート。面積はいつの間にか110a。

DSCF9589
 
2001年 タイ北部ミャンマー国境山岳地帯に新婚旅行。田んぼを始める。ひたすら手植え。秋に長女誕生。消防団操法大会に4番員で出場。

2002年 7月に台風が2回来襲。玉ねぎ初収穫するも極小粒。大雪の晩に眠りこけ、育苗ハウスを雪でつぶされる。

2003年 冷夏。元の集落の地主さんのご厚意で自宅建設に着手。井戸掘り、造成、基礎工事を色んな助けをもらいながら自力で。棟上げは移住仲間も手伝ってくれて完全人力で。この頃、慢性的な人手不足とオーバーワークで、どのように畑を回していたか、記憶なし(汗)。

DSCF9534

2004年 6/20自宅完成。元の集落に復帰。長男誕生。野菜便りが手書きからパソコンに。しかし秋の長雨で野菜高騰するも畑の状態は最悪で、虫害が激しい秋どりのキャベツ・ブロッコリーなどの断念が頭をよぎる。

2005年 初の長期研修生受け入れで、一時的に人手不足は解消するも、人が入ることでかえって自分の実力の無さを思い知る日々。冬は厳しい寒波。

2006年 この頃から村に新規就農者が来たり、逆に苦楽を共にしてきた仲間が引っ越したりと、人の出入りが多くなる。初めて小麦を作ってうどんに加工。長い梅雨で夏野菜不作。徐々に多くなるイノシシによる被害への怒りから、地元のかかし祭りに「イノシシ撃退案山子」初出品。面積1.7ha。

DSCF9469

2007年 さっちゃん1年間研修。次女誕生。記録的暖秋。荒れた雑木山の開墾を始める。
      
2008年 10年目、山の田んぼのコメが日本酒に。山と農地の循環、人の交流を目指して、仲間と「落ち葉ネットワーク里美」立ち上げ。ポット田植え機導入。

2009年 この頃から、県内の熱心な若手有機農家の勉強会に参加させていただき、技術・知識におけるガラパゴス化状態から脱出し、広い世間を知るきっかけとなる。行政や先輩農家さんの協力を得て、新規就農のための研修プロジェクト立ち上げ。

DSCF9544

2010年 ブログ開設。若手農業者グループ「GNPクラブ」から声掛け頂き参加。色んな意味で大いに刺激を受ける。メンバーの指導で育苗ハウスとトマトハウスをフルオープンに改造。研修生第1号受け入れ。

2011年 研修生第2号を受け入れるも311(金)に震災。やはり出荷日で、破壊された国道を避けて山道を通り強引に配達。しかし研修プロジェクトはあえなく終了。一方で仲間と学校給食へ野菜の出荷を始める。5月から専門家の協力を得て、野菜・土・水等、あらゆるものの測定を開始。以降2年間、400点以上を測定。大樹が茨城新聞「茨城論壇」に1年間4回にわたり寄稿。美木は地域の仲間と月1回のカフェ「oneday cafe 里美の休日」を始める。

2012年 震災復興絡みでNHK「キッチンが走る」の取材を受ける。大樹が消防団操法大会に指揮者として出場。美木が茨城県の女性農業士を拝命し、11月に2週間ドイツ旅行もとい視察研修。

DSCF9813

2013年 悩みに悩んで山の田んぼを返還し、青森に旅立った仲間の畑の一部を引き継いで面積は2haに。日立市の菊水食品との出会いから、農園大豆を使った納豆の販売開始。震災を機に帰郷されたデザイナーさんの全面協力でウェブサイト開設。映画の自主上映会から発展して、地元の在来作物に関わる「種継人の会」発足。

2014年 倉庫建設と作業場土間コン打設。春から日立市への直接配達を開始。研修生でなく、スタッフの受け入れを暗中模索で始める。

2015年 大樹が種継人の会で地元の箒職人さんと出会い、色々あって1~3月にかけて、夜な夜な地元の箒職人さんの元へ通い修行。箒作りの基本技術を習得。かかし祭りに2回目出品する。農園のパンフレット完成。スタッフ用の空き家を大家さんの好意でお借りする。夫婦の人生において初めてまともな車を買う。とはいえケートラだけど。

2016年 1月から、外トイレと洗い場を建設。ウェブサイトもリニューアル。暖冬のため、例年よりひと月早く種まきはじめ!と、ここまでは順調だったものの、5月一杯でスタッフが退職し、スタッフハウスは空き家に。そして追い打ちをかけるように秋は記録的な日照不足と11月の雪で野菜は大不作。仕事以外でも様々な問題に直面して、2011年以来の試練の年になる。

2017年 気持ちを新たに20年目を迎えました。改めて、農業の楽しさを表現できる年にしてゆきたいものです。

DSCF9641
    
 photo by Ataca Maki