【青大根とほうれん草のおから和え】

春大根は辛みが少なく甘みがあるので スティックサラダにしてそのまま食べたり スライスして盛り付けたりするとパリッと した食感で彩りも良くとても美味しいです。   新鮮なおからが手に入ったので、春大根と小松菜と一緒に おか […]

【ちぢみ雪菜とアサリの酒蒸し】

葉が少しちぢれた青菜「ちぢみ雪菜」は、寒さに強い葉物。 アブラナ科のお野菜で、食べ方もタ―サイなどとよく似ていて 寒さに耐えた分、ほんのりとほろ苦さの中にも甘みが増しています。 栄養素ではβ₋カロテンやビタミンC、天然成 […]

【プチヴェールご飯】

プチヴェールはアブラナ科の芽キャベツの仲間で、 結球しない小さなフリルの葉っぱがとってもオシャレな野菜です。 小さいけれど栄養価がとても高くβーカロテンを豊富に含んでいて、 体内でビタミンAに変換され、私たちの髪や、目、 […]

【人参と伊予柑のマリネ】

人参の英名 carrotは、栄養素カロテンに由来していると言われているほど βーカロテンが豊富な緑黄色野菜です。 脂溶性のβーカロテンは油に溶け出す性質を持っているので 油でサッと炒めたり、油と一緒に採ることで吸収が良く […]

【里芋のピリ辛炒め】

里芋は他の芋に比べてカリウムが豊富で 独特のぬめりの中にはムチンという物質を含み アンチエイジングにはもってこいの根菜です。 薬膳でも肝臓や腎臓を補い、老化防止の食材として食べられています。 煮物にしたり、炒め煮にしたり […]

【ブリごぼう大根】

ゴボウと大根と寒ブリを、和風出汁で一緒に煮込んだ冬のごちそう。 大根は、煮ても、焼いても、生でも、漬けても、美味しく食べられる、 日本の食卓には欠かせないお野菜です。 そして、ゴボウも料理の名わき役だと思います。 土の中 […]

【カボチャと里芋の支那煮】

昔ながらの支那煮は、動物性のお出汁を使用せずに 昆布と椎茸とお野菜の持つ旨味でじっくりと煮ていきます。 カボチャも里芋も、食欲があまりなく、疲れやすい、 体力が無い、という時に取り入れたい食材です。 材料(作りやすい分量 […]

【だいこん餅】

おろしてよし、煮てよし、炒めてよし、漬けても良し 冬の時期の食卓に欠かせない大根の根の部分には、 ジアスターゼという消化酵素が含まれていて ご飯を食べ過ぎた時などに消化を助けてくれる働きがあります。 薬膳的には涼性の食材 […]

【白菜とリンゴの漬物】

煮てよし、炒めてよし、漬けてよし。 薬膳では大根、豆腐と並んで、冬の養生三宝の一つとも呼ばれている白菜は、 胃腸の調子を整えて腸を潤し、便秘にも効果的です。 栄養学的にもカリウムを含んでいるのでナトリウムを排出してくれる […]

【紫じゃが芋のおからサラダ】

根菜のおからサラダのシャドークイーン編です。 紫じゃが芋のシャドークイーンは、その名の通りしっかりとした紫色が特徴で、 アントシアニンを豊富に含み加熱してもきれいな色が残ります。 同じおからのサラダでも、食材を変えるだけ […]