【カブと鮭の黒酢炒め】

赤いカブは「もものすけ」サラダでも甘いカブ。
白いカブは「百万石」サラダや塩もみでいけます。
細くて長い「日野菜カブ」サラダにしても、漬物や煮物にしても。
カブは寒さに弱いので、被覆(ひふく:覆いかぶせること)したり、
土に埋めて、寒さをしのいで出荷しています。
薬膳的にもお腹を温めて、消化機能を助けてくれる働きがあります。
カブ、鮭、生姜に、黒酢で香りを付けて、温活メニューの出来上がりです。
いろいろカブを、楽しんでみてね。

dsc01958


材料(2~3人分)

生鮭切り身 2切れ
葉付きカブ 2個
長ネギ   1/2本
ゴマ油   大さじ1
葛粉    大さじ1/2
塩     適量
糸唐辛子  適量
合わせ調味料 てんさい糖   大さじ2
       しょう油    大さじ2
       黒酢      大さじ1
       生姜すりおろし 小さじ1


作り方

①長ネギは1cmの斜め切り、カブは1cmのくし形切り、
 カブの葉は3cmに切る。
②生鮭は一口大のそぎ切りにして、軽く塩をふり、
 葛粉をまぶして、はたく。

③フライパンにゴマ油を熱し、②の鮭を入れ弱火で両面焼いて、
 一度、皿に取り出す。

④そのままのフライパンに①の長ネギ、カブ、カブの葉を入れて
 中火でサッと炒め、鮭を戻し入れ、合わせ調味料を加えて
 炒め合わせる。
⑤皿に盛り付け、糸唐辛子を添える。


母ちゃん流ワンポイント

カブは皮も柔らかいので、そのままコトコト煮たり
ポタージュスープにしても美味しいよ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*