【赤ビーツのスムージー】

農園からオシャレな赤ビーツをお届けします。
赤いカブのような球形の赤ビーツは砂糖大根といわれる根菜で
切ると色鮮やかで美しい輪紋があり、サラダにそのままスライスして食べたり、
ロシアのボルシチ風に煮込んでスープにしたり、
ほのかな甘みと特有の食感を楽しむ野菜です。
ビーツの赤みはポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があり、
夏の疲労回復にもおすすめです。
とっても簡単で美味しいスムージーをご紹介しますね。


材料(2人分)

赤ビーツ 小1個(または大1/2個)
バナナ 1/2本
はちみつ 大さじ1
牛乳または豆乳 1カップ

作り方

①赤ビーツはスライスする。
②材料をすべてミキサーに入れて撹拌しグラスに注ぐ。
③お好みでレモンを足す。


母ちゃん流ワンポイント

赤ビーツは切ってから茹でると色が流れ出てしまうので、
塩を一つまみ入れた水に皮付きのまま入れて火にかけ、
沸騰したら弱火にして30分ゆで、ゆで湯に浸けたまま冷ますと、
皮がするりとむけて、サラダや酢漬けに使えます。
葉も刻んでお浸しやスープに入れて使ってね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*